設備資金を手に入れたい!設備に使う事業資金の手に入れ方

設備資金は獲得しやすいのが特徴

工場を新たに設置したい、今ある工場を増築したい、設備を増強して生産量を増やしたいといったことは製造業でよくある希望です。製品の売れ行きが良い場合や、新しい取引先ができた場合、新製品の開発が進んだときなどには工場が不足してしまうでしょう。新しい製造ラインを入れたくてもスペース的に無理になることもよくあります。この際に設備資金を調達して、新しい工場を建設するか、増築をすれば大きな売り上げの向上を期待できます。このように設備資金を獲得して使用すると、将来的には売り上げが伸びると考えられる場合がほとんどです。あるいはコストダウンにつながる設備の導入のことが多いでしょう。結果として設備資金は獲得しやすい性質があります。

銀行融資でも獲得できる可能性が高い

設備資金は銀行融資でも獲得できると期待されます。銀行融資はまとまった金額の事業資金を調達できる点で優れていて、巨額の支出になる設備投資をするときには魅力的な候補です。銀行融資では返済できることが最優先されます。融資をしたことで売り上げが伸びる根拠がしっかりとしていて、計画的な返済が可能と見込まれるのであれば高い確率で審査が通ります。きちんと原価計算をして見込まれる利益を示すことができれば、銀行も喜んで融資してくれるでしょう。既に売り上げの見通しが立っている場合や、明らかなコストダウンになる場合には特に有利です。数字で確かに返済できるということが客観的に説明できるなら、企業としての信用がある限りは融資を受けられるでしょう。

会社を設立するには事業資金が必要です。通常、銀行から融資を受けることになります。もしくは自身の預貯金などを利用します。