イデコと聞いて「何それ美味しいの?」って思った人が読む、老後資産のための話


イデコって何の事だろう?

iDeCo(イデコ)は昔の個人型確定拠出年金の事で、自分で作る年金制度を指します。イデコは定期預金・保険または投資信託などの金融商品を通じて毎月最低5000円以上から積み立ていき、60歳以降に年金または一時金で受け取る事ができます。旧制度では公務員や専業主婦は対象外でしたが、イデコに変更されてからは、掛け金の上限が他の職業に比べて低いものの加入できるようになりました。国民年金に上乗せする年金制度ですが、自ら資産運用する仕組みなので、ハイリスクハイリターンの投資信託等を選んだ場合には元本割れを起こすリスクがあり、注意が必要です。但し、その場合は投資信託先を変更したり、定期預金に切り替えたりしてこまめに見直す事で大損を防ぐ事はできます。解約こそできませんが、いざという時には掛金拠出の休止・再開も可能なので安心です。

意外な所でもお得なイデコ

しかしながらイデコの最大のメリットは運用益よりも節税にあります。なんと、イデコに加入するだけで所得税と住民税の控除を受ける事ができるのです。掛け金額によっては年間数万円も節税できます。さらには通常の投資信託では利益の20%に税金がかかりますが、イデコであれば非課税なので運用益が大きく出る可能性があります。また一時金として一括受取りするのであれば、退職所得控除を受ける事ができるのです。年金として受け取る場合であっても、条件を満たせば非課税になります。これ以外にも、イデコは財産に分類されないため、自己破産してしまっても差し押さえられる事がないのも大きなメリットといえます。そんなお得なイデコですが、月額手数料や運用商品も金融機関によって様々です。良く考えた上で加入しましょう。

イデコで毎月一定額を積み立てることで、老後の安心感が生まれます。掛金全額が所得控除の対象なので、節税対策にもつながります。