気になる塾選び!中学高校大学受験に向けてどうしたらいいの?


まずはじめに塾選びで迷っている方へ

来る受験に向けて、塾を選ぼうと思っている人は多いのではないでしょうか。ここではそんな塾選びについて、集団塾と個別指導塾の二つをピックアップしてお届けします。ぜひ参考にしてみてくださいね。

塾選びその1!集団塾!

集団塾とは、学校のように集団授業を行うことで生徒を指導する形式の塾を指します。
集団塾の特徴として、学校同様に授業の予習復習をしっかりやらなければならないということや、さまざまなレベルのコースが用意されていて、高いレベルの指導が期待できるということがあります。さらに、同じ志を持つさまざまな子供と関わりを持つ機会が増え、友人関係が広がるというメリットがあります。

塾選びその2!個別指導塾!

個別指導塾とは、生徒一人一人に指導をする形式の塾を指します。
個別指導塾の特徴として、子供のレベルに合わせた適切な指導ができるという点や、子供の”わからない”に対して細かく指導ができるという点があります。そのため、子供の苦手を克服するということには非常に向いている指導形式であるといえるでしょう。さらに、子供ごとにペースや学習量を変えることができるため、集団塾に比べ非常に融通が利きます。

まとめ!どっちがいいの?

集団塾と個別指導塾は長所や短所がそれぞれにあり、どちらがいいとは断言できません。そのため、子供一人一人の性格や学習状況に応じて、どちらかを選んだほうがよいでしょう。また塾に入った後に、「やっぱり個別のほうがよかった」とか「集団のほうがいいな」と子供が思うことがあります。そんなときには、塾の変更も視野に入れておくとよいでしょう。

個別指導を売り文句にしている学習塾が多く見られます。なぜなら、マンツーマンで指導すれば生徒個人の状態を把握し、適切な指導をすることができるからです。